睡眠障害を克服する為の改善方法

早く眠らなくてはと思えば思うほど、意識がはっきりしてしまうケースは多々あります。
そんな精神的なものからくる睡眠障害を克服する方法として期待されるのが、焦る気持ちを緩和させるやり方です。
焦ればその分だけ自分を追いつめてしまい、眠りから遠ざかってしまいます。
なので眠らなくてはいけないと思うのではなく、朝になるのが待ち遠しくなるように工夫しましょう。
具体的には、朝になったら好きなものを食べられるように準備したり、好きなテレビを見てから会社や学校に行こうと決めておきます。そして朝になったら実際に行動に移します。
睡眠障害の人は朝が来ると、しっかり眠れなかったとがっかりしがちです。
でもこの改善方法を用いると、朝が来る恐怖感や睡眠時間が減っていく焦りから解放されるので、精神的にも落ちついて睡眠と向き合えるようになるメリットがあります。

睡眠障害のセルフチェックの方法をご紹介

睡眠障害にも種類はあります。眠れない不眠症、過剰な眠りの過眠症、リズムが乱れる睡眠リズム障害、部分的に覚醒する睡眠中異常障害に分けれます。
睡眠が乱れてしまうとうつ病などになってしまうリスクも高くなってしまいます。
自分の状態を知るためのセルフチェックを行なうことができ、横になってから30分以上眠れない、何度も起きてしまう、イライラして物事に集中できないなどの質問に答えて項目数によって可能性を探っていく方法があります。
自分に当てはまる項目が4つ異常になっている場合は要注意で、5つ以上になっていればすでに不眠症の領域に入っていると考えられます。
生活習慣を改善したり、一度病院に行き診断してもらうことをおすすめします。

熟睡ができない原因と睡眠障害の種類

不眠症にはいくつかの種類があります。
大きく4種類あり、一つ目のタイプは入眠困難と呼ばれるもので、布団などに横になってから30分以上寝付けない症状を指します。
二つ目は、中途覚醒というもので、眠りについた後何度も目が覚めるパターンです。
三つ目は早期覚醒で、起きたい時間や普段起きる時間より二時間以上早く起きてしまい、その後再び眠ることができせん。
最後に睡眠障害と呼ばれるタイプがあり、眠りの質が悪いため熟睡ができず、時間に対して効率良く眠ることができません。原因として考えられるのは、寝具との相性や気温、頻尿など体が抱える要因などが挙げられます。またストレスなどの精神的な要因が強い場合や、生活習慣など日常に起因するものもあります。

いつも眠りが浅い人は睡眠障害の可能性も

毎日よく寝ていると思っても睡眠障害 眠りが浅いことがあります。
たとえばちょっとした物音や寒くて目が覚めることがあるなら、眠りが浅いと言えるかもしれません。確かに睡眠は深い眠りと浅い眠りで成り立っています。しかし眠りが浅い人は、ちょうどウトウトしている状態がずっと続いているようです。寝てはいても熟睡していないため、起きたときに体のだるさを感じることがあります。このような場合睡眠時間は長くても、眠りが浅いので睡眠障害の可能性があります。睡眠障害は放っておくと、別のトラブルの原因にもなりかねません。免疫力が落ちるため、体力も低下します。ですから良い質の睡眠がとれるように、睡眠習慣を改善する必要があります。

日中の居眠りは睡眠障害の可能性あり

夜間たっぷり寝たにもかかわらず日中眠たくてたまらない、大事な会議の途中なのにうとうとしてしまい気づいたら眠ってしまった、運転中しっかりハンドルを握っていたにもかかわらず気づいたら居眠り事故を起こしてしまった。
さらにはたっぷり寝たのにすっきりしない、というケースは時折耳にします。こういう症状は、睡眠障害 居眠りと考えられます。原因はいろいろ考えられますが、糖尿病、ぜんそく、関節リウマチ、花粉症、じんましん、といった心的外因の場合がありますし、仕事や学校さらには家庭内でのストレスといった心理的原因の場合もあります。それで、睡眠障害の根本原因をしっかりと突き止めて、正しくそして早めに対処するのが賢明でしょう。

いびきが酷いと睡眠障害になる可能性あり

いびきが酷いと、周りの人が熟睡できず睡眠不足になることはよく聞かれます。
しかし、実はいびきをかいてる本人も睡眠不足に陥ることがあります。
いびきでもっとも怖いのは、睡眠時無呼吸症候群です。
いびきの途中で喉がふさがることで無呼吸状態をくり返す病気です。
自分ではなかなか気付くことができません。
睡眠時無呼吸症候群になると、昼間に極度の眠気におそわれることがあります。
車の運転中に我慢できず寝てしまうと、重大事故の原因になります。
会社での仕事中や会議中に寝てしまうようですと、不真面目な社員としてレッテルを貼られます。
女性でも、いびきをかく人がいます。
やはり男性と同じように、昼間の強い眠気がおきやすくなります。
睡眠障害 いびきは、セットで考え病院での治療・相談が必要になります。

睡眠障害の解消に運動を!

思いっきり体を動かして睡眠障害を解消しましょう!!
眠れないという悩みを抱えている方に私なりの解消法をおすすめしたいのです。
それはズバリ「運動」ですね!
運動選びは何でも良いと思います。とにかくぶっ倒れるくらい体を運動でイジメ倒しましょう!
私はプールで泳ぐことが一番おすすめですね。子供の頃プールで遊んだ後、かなり疲れた記憶ってありませんか?よく寝れたと思います!あの感覚と同じ症状にすればどんなに眠れない悩める人でも、スグに寝れるようになると思うのですが……この体を疲れさす!という方法はいかがなものでしょうかね。いつの間にか寝ていたなんてことになると思うのですが。
泳げないとか、水が怖い、運動が苦手と言う方は、歩くだけでも十分な運動になるのでプールはイイと思います。